これだけは知っておきたいエンパイアカジノで稼ぐためのポイント

更新日:

エンパイアカジノで遊ぶではなく稼ぐことを念頭に置いてプレイする以上、運任せの勝負はしてはいけません。稼ぐための方法を知ったうえで駆使していくのが基本中の基本となります。エンパイアカジノで稼ぐためにはまず何を意識しないといけないのかを知るのが肝心です。さらに、そのうえでどういった方法論を選択するかの問題になります。エンパイアカジノで稼ぐことは可能ではあるものの、稼ぐための道筋を無視してしまうと負け組になってしまう可能性が高いものです。エンパイアカジノで稼ぐためのポイントを覚えていきましょう。

どのゲームの種類を選択するか

エンパイアカジノでは多岐にわたるゲームの種類を用意しており、どのゲームの種類を選択するかがひとつのポイントになります。スロット、ルーレット、バカラ、ブラックジャックなどがあるなかで、特に注目すべきはブラックジャックのペイアウト率の高さです。96%~102%という高いペイアウト率であり、実力次第でペイアウト率を100%以上にできるゲームの種類となります。次いでバカラはペイアウト率が98%と安定しており、同様に実力次第で100%以上にするのは可能です。スロットやルーレットの場合は還元率の幅が広くて不安定であるのが特徴です。大勝できる可能性を秘めているのが魅力的ではあるものの、ペイアウト率という観点から考えると選択すべきとは言い難いです。エンパイアカジノで稼ぐという目的を達成するためには、まずペイアウト率が高いゲームの種類を選択すべきといえます。ペイアウト率は短期間では大きくぶれるもので、野球の打率と同じと考えるのがよいでしょう。打数が少ないと本当に実力以上に数字が出ることもあれば、逆の場合もあります。しかし、試行回数が多くなればなるほど実力通りの数字に収まりやすくなるものです。どのゲームの種類を選択したとしても研究が必要であるものの、勝ちやすくなるのはペイアウト率が高いゲームの種類となります。

エンパイアカジノの場合はライブカジノに力を入れており、テーブル数も多いです。そのため、ペイアウト率が高いブラックジャックやバカラを気軽にプレイしやすいのも魅力的といえます。短期的なプレイではなく、実力通りの数字が反映しやすい長期的なプレイを行う以上、ペイアウト率は絶対に無視はできません。エンパイアカジノで稼ぐことを念頭に置いているプレイヤーほど、ペイアウト率が高いゲームの種類を選択しています。必ずしも100%稼げるものではないものの、少しでも可能性を高めるのならペイアウト率が高いゲームでのプレイを選択すべきです。仮にペイアウト率が90%のゲームと50%のゲームを1万円ずつ投資しての比較をすると、前者10回プレイすると1万円負けになり、後者は5万円負けとなります。試行回数が多くなればどれだけ大きな差になるかは明白です。また、賭け金が多くなればなるほど差も大きくなります。ペイアウト率を多くのプレイヤーは無視してしまっているものの、稼ぐことを念頭に置くのならまず強く意識しないといけない点です。

日本のギャンブルとのペイアウト率の比較

エンパイアカジノをはじめとしたオンラインカジノのペイアウト率は90%以上です。それぞれのゲームの種類やオンラインカジノごとに若干の違いはあるものの、90%以上である魅力は大きいといえます。宝くじの場合は50%前後であり、競馬や競輪で75%、パチンコパチスロでも80%台です。宝くじの場合は運次第であるものの、競馬や競輪、パチンコパチスロの場合は実力次第で稼ぐことができるのは分かるでしょう。しかし、ペイアウト率が低いからこそ100%以上にするのは至難の業です。さらに、これらのギャンブルは自分ではどうにもできない部分も少なくありません。競馬や競輪の場合は当たると予想した場合でも還元率が悪いレースである場合もあります。競馬や競輪は当たりにくい場合は還元率が高くなり、当たりやすい場合の還元率が低くなる特徴があります。当たると予想していても、還元率の観点から割に合わないと判断してスルーする場合もあるでしょう。パチンコパチスロの場合は打てば儲かると分かっているにしても、打てない場合もあります。また、儲かると判断するまでには多くの試行回数も必要であるため、リスクが伴うのも事実です。

オンラインカジノの場合はスマートフォンやタブレットを持ってのならいつでもどこでもプレイできるため、時間による制限もありません。24時間プレイ可能であることが、どういった生活スタイルの方でもプレイしやすい理由になります。そして、日本のギャンブルとオンラインカジノを比較するとペイアウト率が異なります。技術介入度もオンラインカジノの方が高いです。実力通りに数字が反映された場合に勝ちやすくなるのはペイアウト率が高い種目です。日本のギャンブルでは稼げないわけではないものの、ペイアウト率が比較すると低いからこそ、稼ぐのは至難の業となります。比較した場合はオンラインカジノの方が稼ぎやすいのは数字から明白です。

攻略法を駆使してエンパイアカジノで稼ぐ

攻略法を駆使するのはエンパイアカジノで稼ぐための基本中の基本です。行き当たりばったりのプレイを積み重ねでは長期的に考えて稼ぐのは難しいのは理解できるでしょう。そして、一口に攻略法といっても、非常に数多く種類があるため、どの種類が適しているのかを考えていく必要があります。ピラミッド法はまず1単位の金額を自分で決めて負けたときに賭け額を1単位増やして勝ったときには1単位減らす方法論です。リスクが少なくなるとともに、リターンも少ないというのが特徴となります。勝敗確率が50%、あるいは配当倍数が2倍のゲームで使っていくべき方法論です。利益を大きくするよりもまずは負けを少なくすることを考える方に適しているといえるでしょう。ベアビック法は35個の数字にストレートアップする方法であり、どれかひとつ当たると配当がもらえる方法論です。勝率が94%と勝つ確率が高く、誰でもすぐに理解できて使える方法であるのは間違いありません。しかし、負けた場合の損失が大きく、損失を取り戻すまでにも多くの時間がかかります。

攻略法は徹底してこそ意味があります。短期間だけ攻略法を駆使しても求めている数字となるかは分かりません。半年なら半年、一年なら一年同じ方法論を駆使して取り組んでいくことが大切になります。オンラインカジノは絶対に勝てるわけでも絶対に負けるわけでもないからこそ、勝ったり負けたりの繰り返しです。攻略法には一長一短あるもので、極論すればリスクを少なくリターンを少なくするか、リスクを大きくしてリスクを大きくするものです。エンパイアカジノで稼ぐプレイヤーはほぼ何かしらの攻略法を駆使しています。攻略法は性格的に合っているかどうかを加味するのはもちろん、資産管理という観点も考慮しないといけません。じっくりエンパイアカジノをプレイして稼ぐことを考えるのなら、軍資金に余裕があるのが望ましいです。軍資金に余裕がないともしも数字が大幅に下振れした場合に軍資金が尽きてしまうためです。エンパイアカジノで稼ぐことを考えるのなら、軍資金に余裕があるのがベストではあるものの、当然ながら限られた予算のなかでプレイしていくことになるでしょう。ピラミッド法を例に挙げると、1単位の金額を自分で決めることになるものの、軍資金がいきなりなくなってしまう可能性がある賭け金を選択すべきではありません。ひとつの目安となるのが軍資金の5%という数字です。試行回数が多くなればなるほど数字は安定していき、選択した方法論のセールスポイントが数字として表れやすくなります。数字の振れ幅が大きい段階で軍資金が尽きてしまうことは避けるべきであり、攻略法を選択するにあたってのポイントになるでしょう。

バカラでタイとペアに賭けるべきではない理由

エンパイアカジノで稼ぐためのひとつのポイントであるバカラを選択した場合、賭け先はプレイヤー、バンカー、タイ、ペアの4つあります。どの賭け先を選択するかにおいての正しい考え方となるのがタイとペアに賭けないことです。それぞれのオンラインカジノによって異なるものの、タイとペアの勝率は低いです。タイで配当がおよそ8倍、ペアで配当がおよそ11倍と当たったときには大儲けできるものの、確立は10%未満です。配当が2倍であるプレイヤーは勝率がおよそ44%、配当が1.95倍であるバンカーは勝率がおよそ45%になります。つまり、ほとんどはプレイヤーかバンカーが当たるということです。負けが込んでいるときにはタイやペアで一発逆転を狙いたくなるのが人間心理であるものの、勝つ望みが低い賭け方になります。方法論は長期的に考えてプレイしないと意味がありません。遊びであるのならタイやペアでの大勝負を選択する方法はあるものの、稼ぐという観点においては単純に割がよくありません。

タイとペアに賭けるべきではないということを頭に入れておくだけでもトータルでの勝ち金は多くなります。負けが込んでしまっているときにも冷静にプレイできてこそ、エンパイアカジノで稼ぐという目的を果たせます。エンパイアカジノで稼ぐということを考えるにあたって、割の悪い選択はしないにこしたことはありません。バカラを選択する場合は、プレイヤーかバンカーに賭けるようにしましょう。

ブラックジャックでディーラーのバーストを狙う意味について

エンパイアカジノで稼ぐためにブラックジャックを選択する場合は、21を狙うことを念頭に置く必要はありません。最も重要であるのは自分がバーストしないこと、さらにはディーラーをバーストさせることにあります。自分がバーストしてしまうと勝てる可能性を捨ててしまうことになります。さらに、ディーラーがバーストすれば、リスクを背負わずに勝てるものです。ひとつの戦略となるのはディーラーのホールドカードを10と仮定することです。見えないカードを10と仮定した方が、確率的に優れた戦略を取ることができるものです。ブラックジャックは確かに21であるのが安心して勝てる要因になるものの、そう21となることはありません。そして、21を狙うがためにリスクを背負わないといけないのも事実です。無理に21を狙わずとも勝てるときがたくさんあることを覚えておいた方がよいでしょう。ディーラーにしてもバーストしないことを念頭に置いての対応をしてきます。プレイヤー側のバーストを狙ってくる場合も少なくありません。

最初の2枚で17以上である場合は、およそ68%の確率でバーストをしてしまいます。17という数字は勝率が高く、無理をする必要がないのは理解できるでしょう。そして、バーストしないカード枚数よりもバーストしてしまうカード枚数の方が多いのも事実です。ディーラーがバーストする可能性も考慮しての対応が望ましく、自分がバーストしてしまう可能性を無理に高める必要はありません。これが最初の2枚の合計値が11以下の倍は次のカードでバーストする可能性は0%となります。当然ながらカードを引くのが正解です。ディーラーにバーストさせる目的であえて次のカードを引かないという戦略もないわけではないものの、次のカードを引いた方がトータルでの勝率は高くなっていくものです。さらに、Aが2枚来た場合はスプリットを選択し、高い数値を狙っていくのがセオリーです。

あえて何も考えないという戦略

臨機応変に対応していくのが戦略であるとともに、あえて何も考えないという戦略もあることを覚えておいた方がよいでしょう。これはどのゲームの種類を選択した場合でもいえることです。何も考えないという戦略は事前に戦略を決めたうえで、その戦略にだけ沿ってプレイをしていくことです。あえて何も考えないという事を忘れてはいけません。基本的な戦略となるのは確率論に基づき、勝率の高いアクションをすることです。まだオンラインカジノでのプレイ経験が乏しいという方は、特にあえて何も考えないという戦略を取るのもよい方法といえます。オンラインカジノでのプレイで負けてしまう理由の多くはプレイヤー側に原因があります。何も考えずに確率論に基づいて勝率の高いアクションをしていくのは苦痛であり、快感はほとんどありません。本来オンラインカジノでのプレイは日々の生活のなかにおいての楽しみであり、ストレス発散目的でプレイする方も少なくないです。しかし、ストレス発散目的でプレイする以上はトータルで勝つのは難しいです。オンラインカジノでのプレイで稼ぐということは、地道なプレイをただひたすら繰り返していくだけであり、感情を抜きにしてプレイをしていくことが肝心となります。

人間である以上、体調や精神状態によってブレが生じるのは当然です。このブレをいかになくしていくかが、長期的に考えてプレイするにあたってのひとつのポイントになります。基本戦略や攻略法はどんどん変わっていくもので、対戦相手であるディーラーの対応にも影響するものです。ずっと同じプレイを繰り返せば勝てるというものではありません。新しい基本戦略や攻略法はこれからも生み出されていくからこそ、常に最新情報を入手したうえで、その都度適切な対応を心がけていくべきです。もちろん、あえて何も考えないという戦略を貫くことが正解となる場合もあります。頑なに同じ戦略を取ることも臨機応変に対応することもどちらも正解ではあります。

勝ち金からではなく負け金から考える

資産に限りがあるなかでエンパイアカジノをプレイして稼ぐことを考える以上、勝ち金ベースで戦略を取るべきではありません。1000万円の勝ち金を目指す以上、相応のリスクを背負うことになります。しかし、相応のリスクを背負えるだけの資金力があるかどうかを考えないといけません。すぐに大勝ができてさほどリスクを背負う必要がなかったという場合もないわけではないものの、いきなり大負けからスタートすることも当然あります。どのゲームの種類を選択するにしても、基本戦略を練ったうえで対応するのが肝心です。勝ち金をベースに基本戦略を練るとなると、資金力との兼ね合いで成立しないかもしれません。勝ち金よりも負け金をベースにすれば、限りある資産のなかから適切な基本戦略を練ることができるでしょう。

エンパイアカジノをプレイして稼ぐという目的があっても、負けてしまうことを軽視してはいけません。どう勝つかを考えるということは、いうならばどう負けるかということも考えていかないといけないものです。さらにいえば、勝ち方よりも負け方を突き詰めて考えるのが勝つためのコツになります。ほとんどのプレイヤーはどう勝つかを考えている一方で、勝ち組のプレイヤーは負け方を突き詰めて考えているのが事実です。負け方を考えるうえで大切なのが割の悪い負け方をしないことです。エンパイアカジノをプレイするときにはベット額に対してもらえるボーナスであるリベートボーナスが存在しています。ライブカジノリベートボーナスは0.7%、スロットリベートボーナスは1.28%そう大きな数字ではないものの、無制限であるのが魅力的です。試行回数が多くなればなるほどこのリベートボーナスの意味は大きくなっていきます。簡単な申請を行うだけでリベートボーナスの恩恵を受けられるため、絶対にしておかないといけません。こういったキャッシュバックやキャンペーンも上手に活用すれば、わずかながら自身のペイアウト率が高くなります。極論すればペイアウト率を高くしたうえでの負けならまったく問題ありません。無謀な勝負を繰り返してペイアウト率を低くしてしまう負け方は絶対にしてはいけません。

経験を積むための無料モードプレイがおすすめ

エンパイアカジノでは無料モードプレイに対応しており、テーブルゲームやスロットなどのすべてのゲームを無料プレイが可能です。いきなり有料プレイをするのには不安がある、あるいはそれぞれのゲームの特徴をまだ掴んでいないのであれば、無料モードでのプレイからスタートした方がよいでしょう。それぞれのゲームにおける仕様や特徴を把握するのは、稼ぐための基本中の基本です。そのうえで経験を積んでいって方法論を駆使して取り組んでいくのがスタンダードな勝つための道筋になります。せっかくエンパイアカジノには無料モードプレイが用意されているのだからこそ、有効活用しない手はありません。無料モードプレイはアカウントを作成していない状態でも可能です。さらにログインをしていない状態でもプレイできるため、まだエンパイアカジノに登録をしていない方も要注目です。

多くのプレイヤーの負けによって成り立つオンラインカジノで勝つということを突き詰めていくためには必要な要素は少なくありません。セオリーを知るのはもちろん、基本戦略を練るとともに実力も向上させていかないといけません。並のプレイヤーのうえをいく存在となりえないと長期的にプレイしてエンパイアカジノで稼ぐのは難しいです。しかし、誰にでも可能性があることも忘れてはいけません。カジノゲームに対してまったく知識や経験がない方であっても、大きな利益を生める可能性はあります。経験を積むのはひとつの勝つための要素であり、無料モードプレイで安定してプレイしていける術を見つけたうえで、有料プレイに切り替えるのがひとつの方法です。

オンラインカジノに向かない方の特徴について

オンラインカジノで勝つためには、オンラインカジノに向いている方であるかどうかも注目すべきです。そもそもオンラインカジノに向いていないとなると、稼ぐのは難しくなるのが事実です。まず、金銭面で余裕がない方は向いていません。生活に支障のない範囲の余剰資金でプレイできるかどうかを考えましょう。当然ながら、借金をしてのプレイは論外です。エンパイアカジノで稼ぐためには長期的なプレイが必要であり、すぐに結果が出ないこともままあります。金銭面で余裕がないと焦ったプレイをしてしまう理由になるものです。借金をしているのならいつだって借金のことが気がかりとなり、すぐに結果を出したくなるのが人間心理といえます。しかし、長期的にプレイして結果を出そうと考えているのに、すぐに結果を出そうとするのは筋違いであるのは理解できるでしょう。どういった結果が出るにしても貫いていくべきであるのが基本戦略です。金銭面で余裕がないのであれば、まずは金銭面で余裕が生まれるまでお金を貯めるということを視野に入れるべきでしょう。もちろん、エンパイアカジノで遊ぶということであるのなら少なく軍資金であってもプレイしても何も問題ありません。あくまでも稼ぐという観点で物事を考えるのなら金銭面で余裕が必要であるということです。

また、稼ぐ目的なら性格的に熱くなってしまう方もオンラインカジノに向いていないといえます。オンラインカジノは熱くなれる要素がたくさんあり、楽しみたいと考えるのなら熱くなることは何も悪いことではありません。しかし、稼ぐという観点なら熱くなってもよいことはひとつもありません。熱くなってしまっても結果として表面化しないこともあれば、むしろ瞬間プラスに作用することもあります。問題となるのは悪い方向に作用した場合です。悪い方向に作用した場合には大きな後悔が残る結果になります。熱くなってしまうことの連鎖によってマイルールを軽視してしまうことの懸念もないわけではありません。オンラインカジノに向いている方とそうでない方の差は長期的に見ると非常に大きな差になります。何も結果だけではなく、内容に関しての差も大きいです。オンラインカジノはどうプレイしてどう勝つか負けるかが大切であり、勝つための道筋に沿っているかを意識しないといけません。勝つための道筋を歩むために軍資金が必要であり、さらには性格的に熱くなってしまうのを改める必要があります。

オンラインカジノにおける損切りの重要性

オンラインカジノで勝つためのパターンは勝ち逃げ以外ありません。勝ち逃げをすることこそがオンラインカジノで勝つための唯一の道といえます。まだオンラインカジノをプレイするということは、勝つ可能性も負ける可能性も秘めているということです。大負けをしてしまうと取り返すのが困難になるのはいうまでもありません。さらに、多くのリスクを背負わないといけないのも考えものです。損切りをしないことが大負けにつながってしまうこともままあります。損切りをするためには勝ち額と負け額のルールを決めるのが最も重要といえます。その日の目標額を設定し、期待以上の勝ちは狙わないにこしたことはありません。標準を超えての勝ちを追いかけてしまうと、負けに転じてしまう可能性が高まるものです。さらに、負け額に関しても到達した場合は迷わずやめるようにするのが望ましいです。賭け金を変えないことには一気に勝つのは難しく、負け額を取り戻すためだけの勝負をするのは危険といえます。必要以上に負けてしまうことがトータルでどれだけ大きな損失になるかは想像に難しくはないでしょう。

資金管理という観点において、その月に使える金額をルールで決めるのが望ましいです。資金力に合わせての設定をすべきであり、いちがいにいくらであるかという決め方をすることはできません。勝ったり負けたりの繰り返しであるからこそ、勝ち額と負け額の範囲内で抑えることが大切になります。特にエンパイアカジノで遊ぶのではなく、稼ぐという明確な目的がある場合はマイルールを決めたうえで取り組んでいくべきです。冷静に考えると当たり前のことであるのは多くの方が理解できるでしょう。しかし、実際にできるかどうかはまた別の問題であり、自分を捨てて取り組んでいく必要がある場合も少なくありません。損切りをしてその月はオンラインカジノをプレイせずに、次の月でまた気持ちを新たに取り組んでいくことが大切です。

オンラインカジノはほとんどのプレイヤーが負ける

オンラインカジノはほとんどのプレイヤーが負けるのが事実であり、エンパイアカジノで稼ぐことを考える方は覚えておかないといけません。もちろん、ペイアウト率が低くても数千万~数億円もの高額配当を得ることができている方もいます。しかし、基本的にはオンラインカジノは胴元が勝つ仕組みが確立されており、プレイヤー側が勝つのは容易ではありません。ただ、ペイアウト率が高いのも事実です。プレイヤー側の努力によって埋められない数字ではなく、実力を向上させることで明るい未来は近づいていきます。エンパイアカジノで稼いでいる方は少なくありません。キャッシュバックやキャンペーンが魅力的であるとともに、多岐にわたるゲームの種類も用意されており、日本人プレイヤー向けのサポートも充実しています。

カジノゲームに関しての専門的な知識がなくとも、エンパイアカジノであるのならスムーズに有料プレイまで行きつくことができます。そして、地道に戦略を積み上げていくことでトータルでの勝ちも実現可能です。いかに遊ぶという気持ちを捨てて勝つために自分を捨てるということが大切になります。本来エンパイアカジノでのプレイは楽しいものであり、日々の生活のなかにおいての楽しみになります。しかし、稼ぐことを念頭に置く以上は、楽しむという気持ちも捨てないといけません。実際にできるかどうかは人それぞれ異なるものの、気持ちの持ちようで性格すら変わっていくものです。エンパイアカジノで稼ぐのは地味な作業をいかに継続して行うかです。オールインをして一気に勝負するのは興奮して楽しいものではあるものの、割だけで考えると損なプレイスタイルとなります。損をなくしてもいかにプラスになるプレイを積み重ねるかが大切であり、長期的にプレイしないと求めている結果に対しての数字が出にくいのも注意点です。

エンパイアカジノで遊ぶのではなく、稼ぐことを考えるのなら基本戦略を練るのが大切です。基本戦略を練ったうえでマイルールに沿ってのプレイを心がけましょう。エンパイアカジノで稼ぐためにはいかに勝つかではなく、いかに負けないかが重要になります。大負けをしなければ次のチャンスが生まれ、負け分を大きく取り返せる可能性があります。日本のギャンブルと比べるとペイアウト率が高く、プレイヤー側の努力一つでペイアウト率を100%以上にするのは可能です。負けてしまう理由をいかになくすかを考えないといけません。エンパイアカジノで稼げている方は負けている理由を極力なくし、自分のルールを貫いているのが事実です。

Copyright© エンパイアカジノ攻略ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.