98.48%法(2/3ベット法)を徹底解説!98.48%法(2/3ベット法)の検証と実践例、注意点や掛け方を紹介します。

98.48%法(2/3ベット法)

98.48%法(2/3ベット法)はその名の通り、理論上の勝率が98.48%を誇る有名なマネーシステムです。

この攻略法は、「そんなことがあり得るのか?」と半信半疑になる方も多いのですが、実践でも高確率で勝てることも多く、現在はルーレットで遊ぶ際は、この賭け方は定番となっています。

テキサスホールデム、ポーカースターズなどポーカーの種類、専門用語などを覚えましょう。ポーカーの基本的な役、ルールは、簡単です!カジノのポーカーゲームといえば、テキサスホールデム。テキサスホールデムのルール、遊び方を説明します。
バカラで勝つ人は勝ち逃げをしています。バカラのイカサマの噂は本当?バカラのルール、遊び方、必勝法、楽しみ方、バカラの確率、勝率アップ方法を図解で解説。バカラで負けないために丁寧に紹介します。
ルーレットで勝てない人必見!ルーレットで勝ち続けるための戦略、必勝法を解説。ルーレット必勝法には赤黒や空回しがあります。ルーレットの確率、勝率アップ方法からルーレットの基本ルール、遊び方、楽しみ方を紹介します。

ここでは、98.48%法の理論、賭け方、注意点、勝つためのコツなどを分かりやすく説明しています。

98.48%法(2/3ベット法)の特徴

98.48%法は、ヨーロピアンルーレットの3倍配当(ダズン・カラム)を使ったシステムです。
ルーレットの中には、0が1つのヨーロピアンルーレットと0が2つ(0 00)のアメリカンルーレットがありますが、必ずヨーロピアンルーレットを選んでください。
ダズンとカラムは以下になります。

ダズンベット
ダズン賭け方
カラムベット

カラム賭け方
この3倍配当の中から、2つを選んで賭けることから98.48%法は別名2/3ベット法とも呼ばれています。
ここではダズンベットを使って説明します。
1つのダズンには12個の数字が含まれていますので、2つを選ぶと24/37(約65%)なのに、なぜ勝率が98.48%になるのでしょうか?

連続出現率から編み出された98.48%法の理論とは?

ここからは、少しややこしくなりますので、「とりあえず賭け方を知りたい。」という人は、読み飛ばして結構ですので、「98.48%法の賭け方」へ進んでください。
さて、まずルーレットのダズンをこのように2つに分けました。
ダズングループ
Aゾーンに当たる確率は、24/37(約65%)、Bゾーンと0に当たる確率は13/37(約35%)です。
これらの数字が連続して出現する確率を表にすると、このようになります。
連続出現率
赤く色を塗った4回目の部分に注目してください。
Bゾーンが連続3回出現した次ゲームでは、Aゾーンが出現する確率が出現する確率が98.48%となっており、これを利用してベットしていくのが98.48%法のキモとなります。

98.48%法(2/3ベット法)の賭け方

それでは、98.48%法の賭け方をダズンベットを使って説明します。
ライブカジノ、ランドカジノでもいいのですが、ベットチャンスが訪れるまで時間がかかりますので、ソフトルーレットを推奨します。
もう一度、グループを確認しましょう。
ダズングループ
このような流れになります。

  1. Bグループ(3rd 27~36と0)が連続3回出現するまで、空回しする。
  2. 3回連続で出現したら、次ゲームでAグループに1単位x2の計2単位を賭ける。
  3. 当たればそこで終了し、また空回しを続けてベットチャンスを待つ。
  4. 外れた場合は、以下の中から任意で選んでください。
    損切りして、次のベットチャンスを待つ。
    Bグループが5回連続で出現する確率は、0.54%なのでベット額を倍にして賭ける。
    外れた場合の損失が大きいので、1単位x2を再度賭けて勝っても負けても損切りする。

ベット額を倍にしてかけた場合の収支ですが、
2単位x2=4単位を賭けて、当たれば2単位x3=6単位が払い戻されて、プラス2単位。
最初に外れた2単位の損失を回収できます。
ただし、また外れた場合は6単位の損失となることに注意してください。

98.48%法(2/3ベット法)の流れ(使用例)

ヨーロピアンルーレットのダズンを使って98.48%法を実践してみます。
今回は、かなり勝率が高い手法である&空回しでベットチャンスになるまで、時間がかかる事が多いので1単位を10ドルに設定しました。
■1ゲーム目
3rd の28が出ました。
1ゲーム目

■2ゲーム目
3rdの26が出ました。
2ゲーム目

■3ゲーム目
3rdの25が出ました。
3ゲーム目

■4ゲーム目
4ゲーム目
Bグループが3連続で出現しましたので、Aグループの1stと2ndに10ドルずつの計20ドルを賭けました。
2ndの18が出ましたので、30ドルの払い戻しで10ドルの利益です。
文字が小さくて見にくいと思いますが、右上の出目履歴のところが28→26→25となっています。
累計収支:10ドル

このような感じで5回ほど試行したものが、こちらになります。
実践例収支表
勝率が高いので当然といえば当然ですが、すべて成功しました。
98.48%法の場合、1回のベットで2単位を賭けて勝てば3単位の払い戻しなので、成功すれば1単位のプラス、失敗すれば2単位のマイナスになります。
したがって、損益分岐点は3勝1敗(勝率75%)ですから、理論上はプラス収支が期待できるシステムといえるでしょう。

98.48%法(2/3ベット法)の注意点

卓上の計算でプラスになっても、実戦では様々なことが起こる可能性があります。
98.48%法を使用する際は、以下のような点に注意が必要です。

アメリカンルーレットでは使えない

アメリカンルーレット
98.48%法は、ヨーロピアンルーレット用(数字が0~36の37個)のベットシステムです。
アメリカンルーレットでは、0と00がありますので数字が38個となり、この方法は使えません。
初心者の方は、特に間違えやすいので注意してください。

予期せぬ連敗がありうる

100回試行して98回は勝てる計算の98.48%法ですが、実戦ではBゾーンの数字(27~36と0)が連チャンして失敗することも十分に考えられます。
連続出現率
たとえばBゾーンが7回連続して出現する確率は、0.02%ですから1万分の2→5000回に1回はあるわけです。
ゼロでない限り、あらゆる可能性があることを頭に入れておきましょう。

98.48%法(2/3ベット法)のリスクと解決策

ここでは、98.48%法を上手く使って利益を上げたり、損失を抑えるためのコツを説明します。

短期勝ち逃げを狙う

圧倒的な高勝率が期待できる98.48%法も、長く続けば外れを引く確率が高まります。
このシステムを使うときは、目標回数を設定し、ダラダラと続けないこと大事です。
おすすめは10回程度で終了、どんなに引っ張っても20連勝ぐらいで利益を確定させましょう。

連敗が続いたら損切りする

98.48%法は、負けると2単位の損失になります。
「今度は勝てるだろう。」と意地になって続けて連敗した場合、損失を取り戻すことが難しくなります。
カジノにおいては、負ける時は「裏で操作してるとしか思えない。」というような事象に遭遇することがありますよね。
そんな時は、きっぱりと諦めて他のマネーシステムを試したり、その日はゲームを切り上げましょう。

Bグループが4回連続で出現するまで待つ。

もう一度、各グループの連続出現率の表を見てみましょう。
連続出現率
98.48%法は4回目の勝率を利用した手法ですが、さらにあと一回待った場合、Aグループの勝率は99.46%にまで上がります。
これを利用すれば、さらに勝率アップが期待できます。
ただし、ここまで待つとなるとベットチャンスが大幅に減りますので、「残り資金が少なく、絶対に負けられない。」「時間はたっぷりあるから、限りなく勝率を高めたい。」という時に使うといいでしょう。

98.48%法(2/3ベット法)のポイント

最後に、98.48%法(2/3ベット法)のポイントをまとめます。

  • 0が1つのヨーロピアンルーレットで使用する。
  • 空回しできるルーレット(ライブは時間がかかるので、ソフトルーレット推奨)を選ぶ。
  • ダズン・カラムの3倍配当に有効。
  • 数字を3つのグループに分けて、1つのグループが3回連続で出現した次ゲームで、残り2つのグループに賭ける。
  • 目標勝利数を決めて、達成したら勝ち逃げする。
  • 連敗が続いた時は、ゲームを切り上げる。

98.48%法は、カジノのマネーシステムの中でも抜群の勝率を誇る、優れたマネーシステムです。
上手く使いこなし、利益を上げてください。