イーストコーストプログレッション法を徹底解説!イーストコーストプログレッション法の検証と実践例、注意点や掛け方を紹介します。

イーストコーストプログレッション法

イーストコーストプログレッション法は、連勝時の利益を確実に残し、連敗時の損失も最小限に抑えられる攻守に優れたマネーシステムです。資金がパンクするリスクも小さく、パーレー法の弱点を補い、賭け金の増加も緩やかなので、初心者の方にもおすすめです。

テキサスホールデム、ポーカースターズなどポーカーの種類、専門用語などを覚えましょう。ポーカーの基本的な役、ルールは、簡単です!カジノのポーカーゲームといえば、テキサスホールデム。テキサスホールデムのルール、遊び方を説明します。
バカラで勝つ人は勝ち逃げをしています。バカラのイカサマの噂は本当?バカラのルール、遊び方、必勝法、楽しみ方、バカラの確率、勝率アップ方法を図解で解説。バカラで負けないために丁寧に紹介します。
ルーレットで勝てない人必見!ルーレットで勝ち続けるための戦略、必勝法を解説。ルーレット必勝法には赤黒や空回しがあります。ルーレットの確率、勝率アップ方法からルーレットの基本ルール、遊び方、楽しみ方を紹介します。

ここでは、イーストコーストプログレッション法の賭け方、注意点、勝つためのコツなどを分かりやすく説明しますので、しっかりと理解してください。

イーストコーストプログレッション法の特徴

イーストコーストプログレッション法は、2連勝してからがスタートです。
理論上は、どんなゲームにも応用できるのですが、基本的には勝率50%・配当2倍のゲーム(バカラ、ブラックジャック、ルーレットの赤黒など)に有効と考えてください。
同種の賭け方であるパーレー法は、ゲームに勝って払い戻された金額を次ゲームに全額賭けるため、勝てば利益が大きくなりますが負ければゼロ。
ハイリスクハイリターンな賭け方といえますよね。
イーストコーストプログレッション法では、ゲームに勝って獲得した利益の半分を残すので、3連勝後はどこで負けても利益が残ります。
したがって、ミドルリスクミドルリターンな賭け方といえるでしょう。

イーストコーストプログレッション法の賭け方

それでは、イーストコーストプログレッション法の賭け方を説明します。
まずは、1単位の金額を設定します。慣れるまでは、分かりやすく1ドルにするといいでしょう。

  1. 最初のゲームに1ドルを賭け、負けた場合は勝つまで1ドルを賭け続けます。
  2. 勝った場合は2ドルが払い戻され1ドルの利益になり、2ゲーム目も同じ1ドルを賭けます。
    勝った場合は、2ドルの払い戻しで利益は2ドル(1ドル+1ドル)になります。
    負けた場合は、最初に戻ります。
  3. 3ゲーム目では、前回の賭け金(1ドル)+2回分の利益(2ドル)=3ドルを賭けます。
    勝った場合は、6ドルが払い戻されて利益は3ドルになります。
    負けた場合は、最初に戻ります。
  4. 4ゲーム目では、前回の賭け金(3ドル)+前回得た利益の半分(3x0.5=1.5ドル)=4.5ドルを賭けます。
    勝った場合は、以降も前回の賭け金+前回得た利益の半分を賭け続けます。
    負けた場合は、最初に戻ります。

こちらの表を見て、賭け方を理解してください。
イーストコーストプログレッション法賭け方
実際のカジノゲームでは、小数点を賭けられない場合があるのと、計算が面倒なので、小数点2位以下は切り捨て・繰り上げにした方が分かりやすいかと思います。

イーストコーストプログレッション法の流れ(使用例)

ルーレットの赤黒(2倍配当)を使って、イーストコーストプログレッション法を実践します。
1単位は1ドルに設定しました。
■1ゲーム目
1ゲーム目
1ドルを賭けて勝ちましたので、2ドルの払い戻し、1ドルの利益です。
累計損益:1ドル

■2ゲーム目
2ゲーム目

前回と同じ1ドルを賭けて負けましたので、1ドルの損失です。
2連勝出来なかったので、再び最初に戻ります。
累計損益:0ドル

■3ゲーム目
3ゲーム目

1ドルを賭けて勝ちましたので、2ドルの払い戻し、1ドルの利益です。
累計損益:1ドル

■4ゲーム目
4ゲーム目
前回と同じ1ドルを賭けて勝ちましたので、1ドルの利益です。
2連勝しましたので、次ゲームからイーストコーストプログレッション法をスタートします。
累計損益:2ドル

■5ゲーム目
5ゲーム目
前回の賭け金(1ドル)+2回分の利益(2ドル)を足した3ドルを賭けて勝ちましたので、3ドルの利益です。
累計損益:5ドル

■6ゲーム目
6ゲーム目
前回の賭け金(3ドル)+前回の利益(3ドル)の半分(1.5ドル)=4.5ドルを賭けて勝ちましたので、4.5ドルの利益です。
累計損益:9.5ドル

■7ゲーム目
7ゲーム目
ここからは、小数点は繰り上げにします。
前回の賭け金(4.5ドル)+前回の利益4.5ドルの半分(2.25ドルなので繰り上げて3ドル)=7.5ドルを賭けて勝ちましたので、7.5ドルの利益です。
累計損益:17ドル

■8ゲーム目
8ゲーム目
前回の賭け金(7.5ドル)+前回の利益7.5ドルの半分(4ドル)=11.5ドルを賭けて勝ちましたので、11.5ドルの利益です。
累計損益:28.5ドル

■9ゲーム目
9ゲーム目
前回の賭け金(11.5ドル)+前回の利益11.5ドルの半分(6ドル)=17.5ドルを賭けて負けました。
これで、イーストコーストプログレッション法は終了です。
次ゲームからは、また1ドルを賭けます。
累計損益:11ドル

実践例の収支表は、このようになります。
実践例収支表
パーレー法だと負ければ全ての資金を失いますが、イーストコーストプログレッション法は、勝った時の利益を確保しているので、ある程度強気の勝負が出来るのが長所といえます。
ルーレットの赤が出続けたり、バカラでディーラー(プレイヤー)が連勝しているとき、いわゆる「ツラ」を追い続けるときにこの手法で賭け続けていくと、思わぬ大連勝を拾えることもあります。

イーストコーストプログレッション法の注意点

イーストコーストプログレッション法は、攻守のバランスが取れたマネーシステムですが、次のような点に注意してください。

勝ちと負けで損益が大きく変わる

イーストコーストプログレッション法では、利益を半分残しながら次ゲームを行うため、負けたとしても利益は確保できます。
しかし、勝った時と負けた時では大きく利益が異なります。
この表は、小数点を切り上げて各ゲーム時での累計利益を計算したものです。
勝った時と負けた時の累計利益
「利益を残しているから、負けるまで勝負し続ける。」
「ある程度連勝したら、勝ち逃げする」
など、判断が難しいところです。

2連勝→負けが続くと損失が膨らむ

イーストコーストプログレッション法では、2連勝した後の3ゲーム目に1単位を追加するため、ここで勝たないと利益が確定しません。
このように、3ゲーム目に負けが続くとジワジワと損失が膨らみます。
2連勝後に負け
9ゲームの勝敗は6勝3敗ですから、フラットベット(すべてのゲームで同じ金額を賭けること)なら3単位の利益が出ますが、イーストコーストプログレッション法を使った場合だと逆に3単位のマイナスが出ています。
完璧なマネーシステムというものはありませんから、このパターンにハマったらしょうがないと割り切るしかありません。

イーストコーストプログレッション法のリスクと解決策

ここでは、イーストコーストプログレッション法のリスクを踏まえた上で、利益を少しでも多く上げるためのコツを説明します。

勝率50%のゲームで使う

イーストコーストプログレッション法の賭け方は、「前回の賭け金+前回得た利益の半分を賭ける」というものなので、理論上は2倍以上の配当であれば特にゲームの制限はありません。
しかし、最初に2連勝してからスタートし、3連勝して初めて利益が確定します。
こちらの、勝率による連勝確率をご覧ください。

勝率50%ゲームの連勝確率
勝率50%の連勝確率
勝率33%ゲームの連勝確率

勝率33%の連勝確率
これを見ると、ルーレットのカラム・ダズンなど配当3倍のゲームで3連勝するのがいかに難しいか分かると思います。
したがって、イーストコーストプログレッション法は配当2倍のゲームで使うようにしましょう。

流れや状況によって勝ち逃げのポイントを決める

注意点のところでも説明したとおり、イーストコーストプログレッション法は連勝中の利益は残りますが、勝つか負けるかで利益が大きく変わります。
したがって、その時の流れや資金によって
「何連勝したらやめる。」
「今日は大勝ちしてるから、負けるまで賭け続ける。」
「○○ドル負けてるから、それを取り戻したらやめる。」
というふうに、予めどこまで引っ張るかを決めておきましょう。

イーストコーストプログレッション法のポイント

最後に、イーストコーストプログレッション法のポイントをまとめます。

  • 勝率50%・配当2倍のゲームに有効
  • 2連勝後に開始、3連勝後はどこで負けても利益が確定する。
  • 勝つか負けるかで利益が大きく変わるので、最初に連勝数を設定しておく。

イーストコーストプログレッション法は、連敗時の損失も1単位ずつと少なく、連勝がストップしても利益が残る優れたマネーシステムです。
上手く取り入れて、コツコツと資金を増やしてください。