パーレー法を徹底解説!パーレー法の検証と実践例、注意点や掛け方を紹介します。

パーレー法(逆マーチンゲール法)

パーレー法は、別名逆マーチンゲール法、アンチマーチンゲール法とも呼ばれる、大勝ちを狙いたい人におすすめのマネーシステムです。
一度負けると、今まで増やしてきた資金を全て失いますが、連勝時には大きな利益を生み出すことができます。
また、マーチンゲール法のように賭け金が膨らんで資金がパンクするというリスクもないので、カジノで遊ぶなら一度は試す価値があると思います。
ここでは、パーレー法の賭け方や注意点、引き際などについて分かりやすく説明しますので、しっかりと理解してください。

パーレー法(逆マーチンゲール法)の特徴

パーレー法は、小資金で大きな勝ちを狙える攻撃型のシステムです。
配当が何倍のゲームでも有効ですが、負ければ全ての資金を失うことを考えると、勝率50%で配当2倍のゲームに使うのが現実的だと思います。(バカラ、ブラックジャック、ルーレットの赤黒など)
勝ち波に乗っているときは、資金が倍々で増えていきますのでスリルと興奮を味わえます。

パーレー法(逆マーチンゲール法)の賭け方

それでは、パーレー法の賭け方を配当2倍・勝率50%のゲームを想定して説明します。
まず最初に1単位の金額を設定しましょう。ここでは、分かりやすいように1ドルで説明します。
パーレー法は、ゲームに勝ってからがスタートです。

  • 1ドルを賭けて勝つと、2ドルに増えて返ってきます。
  • その2ドルを全て次のゲームへ賭けます。
  • 勝つと2ドル→4ドルに増えて返ってきます。
  • 次は4ドル全てを賭けて、勝てば4ドル→8ドルに増えて返ってきます。

以降も「勝ち金を全て次ゲームに賭ける。」の繰り返しで、負けるか利益を確定して終了です。
表にすると、このようになります。
パーレー法賭け方
マーチンゲール法と賭け金の増え方は同じですが、パーレ法の場合は勝ったお金を次のゲームに賭けているという点が違います。
仮に、賭け金の上限が5000ドルのテーブルでゲームを行ったとしましょう。
この場合、9連勝した時点で10ゲーム目の5120を賭けられないのでパーレ法は終了になります。
しかし、5110ドルの利益が確定するというわけです。
また、パーレー法の場合は途中で負けると利益を全て失いますが、損失は最初に賭けた1単位のみ。
非常にリスクの低いシステムということがお分かりいただけると思います。

パーレー法(逆マーチンゲール法)の流れ(使用例)

実際にルーレットの赤黒を使い、マーチンゲール法を実践してみます。
今回は、1単位10ドルに設定しました。
■1ゲーム目
1ゲーム目
10ドルを賭けて勝ちましたので、20ドルが払い戻されて10ドルの利益です。
累計損益:10ドル

■2ゲーム目
2ゲーム目
払い戻された20ドルを賭けて負けましたので、最初の1単位(10ドル)が損失となります。
累計損益:-10ドル

■3ゲーム目
3ゲーム目
10ドルを賭けて勝ちましたので、20ドルが払い戻されて10ドルの利益。
先ほどの-10ドルと相殺して、累計損益はイーブンになりました。
累計損益:0ドル

■4ゲーム目
4ゲーム目
20ドルを賭けて勝ちましたので、40ドルが払い戻されて20ドルの利益です。
累計損益:20ドル

■5ゲーム目
5ゲーム目
払い戻された40ドルを賭けて勝ちましたので、80ドルが払い戻されて40ドルの利益です
累計損益:60ドル

■6ゲーム目
6ゲーム目
80ドルを賭けて勝ちましたので、160ドルが払い戻されて80ドルの利益です。
累計損益:140ドル

4連勝したところで、利益確定しました。
実践例の収支は、このようになります。
実践例収支表
今回は4連勝で終了しましたが、この後連勝が続くとさらに利益はどんどん膨らんでいきます。
途中で負けるとゼロに戻りますが、損失は20ドル(2単位)のみ。
ちなみにパーレー法の増え方は、1→2→4→8→16→32→64→127となりますから、7連勝で100倍以上になります。
ルーレットの出目履歴やバカラの罫線を見ると、一方が7回以上続くことはザラにありますので、試したくなる人も多いかと思います。
とはいえ、パーレー法も完璧なマネーシステムではありません。
続いては、パーレー法の負けパターンや注意点について説明したいと思います。

パーレー法(逆マーチンゲール法)の注意点

ここでは、実戦でパーレー法を使用する際の注意点を説明します。

連勝がないと着実に資金が減っていく

こちらは、5勝5敗のシミュレーションです。
連勝出来ない場合
フラットベット(すべてのゲームで同じ金額を賭けること)で賭けると収支はイーブンですが、パーレー法では払い戻された金額を全て次ゲームに賭けるので、5単位のマイナスになっています。
最大連勝も2連勝となっているので、こういう結果になりました。
実戦でパーレー法を使うときは、どこかで利益確定する必要がありますが、さすがに2回で終えるのはちょっともったいない気がします。
このような流れの時は、じっと我慢して大きな勝ち波が来るのを待ちましょう。

一度の負けで全ても失う

パーレー法は、勝った金額をそのまま次ゲームに全て賭けることによって勝ち逃げを狙うシステムです。
勝率50%のゲームで延々と勝ち続けることは不可能ですから、どこかで利益を確定しないと勝ち金をすべて失うことになります。
こちらは、勝率50%(バカラ、ルーレットの赤黒、ブラックジャック)のゲームで連勝する確率を表にしたものです。
連勝確率
数字上では、3連勝、4連勝の付近がリセットのポイントかと思います。
しかし、パーレー法の破壊力が最大に活かされるのは、バカラでバンカー(プレイヤー)の連勝が続いているとき、ルーレットで赤(黒)が10回以上続いた時、ブラックジャックでディーラーがバーストしまくる時などです。
つまり、計算上では滅多にありえない大きな波が来ているときに、勝ち金をそのまま賭け続けて爆発的に資金を増やす、というのがパーレー法の醍醐味でもあります。
その辺りの嗅覚は、実戦を重ねて経験値を積むしかありません。

パーレー法(逆マーチンゲール法)のリスクと解決策

それではパーレー法の注意点が分かったところで、実戦で少しでも利益を増やすためのコツをお伝えします。

大きな波が来るまで、我慢する

パーレー法は、負ければ全てを失うシステムなので、1勝1敗が続いたり、大きく連勝出来ないときには着々と資金が減っていきます。
そんな時に、イライラして賭け金を大きくしたり、他のマネーシステムを試したりして損失を膨らませないようにしましょう。
我慢して淡々とベットを続けていれば、高確率で勝ち波がやってきます。

目的によって連勝の単位を使い分ける

パーレー法は、何連勝で歯止めを設けるかによって利益が大きく変わります。
コツコツと利益を上げていきたい人は、3連勝ぐらいで利益を確定して、また1単位から始めるのがいいでしょう。
また、「カジノのスリルを味わいたいから、100倍以上までで引っ張る。」という人は、ぜひ7連勝に挑戦してください。
確率上は、128回に1回は成功する計算で、成功すれば127単位の利益を上げられます。
途中で失敗しても、損失は最初の1単位のみです。

パーレー法(逆マーチンゲール法)のポイント

最後にパーレー法を使用するサイトのポイントをまとめます。

  • 自分の資金と希望する利益の大きさで、利益確定ラインを決める。
  • 目標の連勝まで届かない流れが続いても、ヤケクソにならずじっと我慢する。
  • 1回の負けで今までの利益すべてを失うので、目標の連勝数を達成したら必ずそのセットを終了する。

パーレー法は、資金がパンクする可能性が少ない上に、ツボにハマった時の爆発力が非常に大きい優れたマネーシステムです。
マーチンゲール法やココモ法を使って、いつもコツコツドカンで資金を減らしてしまう人は、ぜひ一度お試しください。
皆さんの大勝利を願っています。