ウィナーズ投資法を徹底解説!ウィナーズ投資法の検証と実践例、注意点や掛け方を紹介します。

ウィナーズ投資法

ウィナーズ投資法は、カジノ、FX、バイナリーオプション、競馬などの投資・ギャンブルに幅広く使われているマネーシステムです。

数年前にヤフーオークションで高額販売されていましたが、ネットの浸透により現在は、誰でも無料で内容を知ることができるようになりました。カジノで使う場合は、配当2倍のゲーム(バカラ、ルーレットの赤黒、ブラックジャックなど)で有効です。

テキサスホールデム、ポーカースターズなどポーカーの種類、専門用語などを覚えましょう。ポーカーの基本的な役、ルールは、簡単です!カジノのポーカーゲームといえば、テキサスホールデム。テキサスホールデムのルール、遊び方を説明します。
バカラで勝つ人は勝ち逃げをしています。バカラのイカサマの噂は本当?バカラのルール、遊び方、必勝法、楽しみ方、バカラの確率、勝率アップ方法を図解で解説。バカラで負けないために丁寧に紹介します。
ルーレットで勝てない人必見!ルーレットで勝ち続けるための戦略、必勝法を解説。ルーレット必勝法には赤黒や空回しがあります。ルーレットの確率、勝率アップ方法からルーレットの基本ルール、遊び方、楽しみ方を紹介します。

この記事では、ウィナーズ投資法の賭け方、注意点、使い方のコツなどを分かりやすく説明します。

ウィナーズ投資法の特徴

ウィナーズ投資法の大きな特徴は、「連敗に強く、賭け金の増加が緩やかなので、低リスクで運用できる。」「勝率50%でも利益を出せる。」という点です。

マーチンゲール法やココモ法のように、一回の勝利で損失をカバーして利益を出す方法とは異なり、ある程度の時間をかけて、最終的に利益を出していきます。

どちらかといえば、攻めよりも守りのシステムに分類され、「負けを少なくして、安定的に資金を増やしたい。」という人におすすめの手法です。

また、モンテカルロ法と同様に数列を使って賭け金を増減させますので、実戦では必ず紙に書いて賭け金を間違わないようにしてください。

ウィナーズ投資法の賭け方

それでは、ウィナーズ投資法の賭け方を説明していきます。

まず、最初に1単位の賭け金を設定するのですが、ここでは分かりやすいように1ドルにします。ウィナーズ投資法は2連敗してからスタートするので、連勝したり勝ち負けが交互に続いたら1単位を賭け続けてください。

  1. 2連敗したら、「1 1」という数列を書きます。
  2. 次のゲームからは、左端の数字に1を足した金額を賭けます。この場合だと、1ドルの2倍なので2ドルですね。
  3. 勝った場合は、左端の数字消します。負けた場合は、賭けた金額を右端に追加します。
    ※勝った場合 1
    ※負けた場合 1 1 2
  4. 以降は、これを繰り返し全ての数字が消えたら完了です。

ウィナーズ投資法が成功したときの利益は、流れによって変わってきます。

こちらのシミュレーションを見て、賭け方を確認してください。
ウィナーズ投資法賭け方シミュレーションでは、7勝7敗の勝率50%にもかかわらず、14単位もの利益が出ています。このようにウィナーズ投資法は、連敗しても賭け金が大きく膨らむことがなく、勝率50%でも利益を出すことができる優秀なマネーシステムです。

ウィナーズ投資法の流れ(使用例)

ここでは、ウィナーズ投資法を使ってルーレットの赤黒(配当2倍)に賭けてみたいと思います。

■1ゲーム目 負け
ウィナーズ投資法は2連敗した時点からスタートですので、1ゲーム目での数列は「11」になります。左端の1x2で2ドルを賭けて負けましたので、賭け金の2ドルを右端に追加します。
ゲーム後の数列:11→ 112
1ゲーム目■2ゲーム目 勝ち
左端の1x2で2ドルを賭けて勝ちましたので、1を消します。
ゲーム後の数列: 1 1 2 → 1 2
2ゲーム目■3ゲーム目 負け
左端の1x2で2ドルを賭けて負けましたので、賭け金の2ドルを右端に追加します。
ゲーム後の数列:1 2 → 1 2 2
3ゲーム目■4ゲーム目 勝ち
左端の1x2で2ドルを賭けて勝ちましたので、1を消します。
ゲーム後の数列:1 2 2 → 2 2
4ゲーム目■5ゲーム目 勝ち
左端の2x2で4ドルを賭けて勝ちましたので、2を消します。
ゲーム後の数列:2 2 → 2
5ゲーム目■6ゲーム目 勝ち
2x2の4ドルを賭けて勝ちましたので、全ての数字が消えてウィナーズ投資法が成功しました。
6ゲーム目

実践例での収支は、このようになります。
実践例収支表4勝4敗なので、フラットベット(すべてのゲームで同じ金額を賭けること)だと収支はプラマイゼロですが、ウィナーズ投資法では6ドル(6単位)の利益が出ていますね。

ウィナーズ投資法の注意点

実践例を見ると、「勝率50%でこれだけ利益が出るんなら、必勝法なんじゃないか?」と思われる人もいるでしょうが、ウィナーズ投資法にも欠点はあります。

1勝1敗の展開が続くと、利益が出ない

ウィナーズ投資法は2連敗してからスタートするため、最初の数列は「1 1」になります。したがって、最後に2連勝しないと全ての数字が消えません。

こちらのシミュレーションをご覧ください。
1勝1敗ペースこれは、数列が残り1個になった状態から、勝ちきれずに1勝1敗のペースが続いている展開です。

左端の小さい数字が消えて、大きな数字が残りますので、ジワジワと賭け金が増えて行くのが分かると思います。このような展開が続いたり、ここから連敗を食らうと賭け金がさらに大きく膨らんでしまいます。

連敗前に連勝すると、利益が少ない

ウィナーズ投資法の欠点はもう一つあります。それは、「連勝後に連敗すると、勝率50%でもマイナス収支になる。」という点です。

こちらをご覧ください。
連勝後に連敗最初に連勝が来て、その後2連敗してウィナーズ投資法をスタートした場面です。2連敗するまでは1単位を賭け続けるので、連勝しても大きく増やすことが出来ません。

そして、賭け金を増やしたところで連敗しているため、5勝5敗で3単位のマイナスとなっています。ただし、この場合はウィナーズ投資法を始めたばかりの場面で、この後連勝して全ての数字を消すことができればプラス収支に転換できますから、それほど気にすることはありません。

「こういうこともある。」ということだけ、知っておいてください。

ウィナーズ投資法のリスクと解決策

ここでは、ウィナーズ投資法を使用した場合のリスクと安定して利益を上げるためのコツを説明します。

勝敗の流れが悪いと利益が少ない

ウィナーズ投資法は2連敗してからがスタートなので、最初に連勝が続いた場合は、1単位ずつしか利益が増えません。

そこで欲を出して、1単位あたりの金額を上げると、連敗が来たときに最初の開始金額が大きくなってしまいます。

ウィナーズ投資法は、連敗時の損失を取り返して利益を出す「守りを第一に考えたシステム」ということを頭に入れおいてください。

「勝った時の利益を大きくしたい!」という人は、別のマネーシステムを使いましょう。

賭け金のリミットを決めておく

ウィナーズ投資法では、必ず最後に2連勝で終わるため、数列が残り1個になった段階で勝ちきれないと、賭け金が倍々ペースで膨らんでいきます。

そのような場面を予め想定していないと、リアルマネーを使った実戦中は意地になって延々とゲームを続けてしまいがちです。

ウィナーズ投資法を使う場合は、「賭け金が○ドルを超えたら損切りする。」「賭け金が○に達した段階で収支がプラマイゼロになったら、最初に戻る。」など、区切りをつけるポイントを決めておきましょう。

ウィナーズ投資法のポイント

最後に、ウィナーズ投資法を使用する際のポイントをまとめます。

  • 数列を紙に書くなどして、賭け単位を間違えないようにする。
  • 残り1個で勝ちきれないときは、区切りをつけて最初に戻る。
  • 最初に最大賭け単位を決めておき、それを超えたら損切りする。

ウィナーズ投資法は、連敗に強いマネーシステムです。成功すれば、勝率50%でも必ず利益が出ますし、負け越した場合も損失を最小限に食い止めることができます。

また賭け金の増加も緩やかで、連敗してもマーチンゲール法やココモ法のように、賭け金が大きく膨らむこともなく資金がパンクするリスクも小さめです。

慣れるまでは、無料モードでテストしたり、賭け金を少なめにするなどしてマスターしてください。