バカラ攻略法・必勝法に必要な知っておくべきバカラのルールと遊び方

更新日:

オンラインカジノ、リアルカジノを問わず、カジノで最も人気のあるゲームといえば、やはりバカラ。

シンプルなゲーム性にも関わらず、多くのギャンブラー達を魅了し、「カジノの王様」とも言われています。この記事では、そんなバカラのルールや遊び方などを、分かりやすく詳細に解説します。

目次

バカラの基本ルール

バカラ

バカラの基本的なルールは、非常にシンプルです。

ディーラーによって2~3枚のカードが配られ、合計点数が「9」に近い方が勝ちとなり、点数が同じ場合は引き分けになります。

あなたは、

  • PLAYER(プレイヤー)勝ち
  • BANKER(バンカー)勝ち
  • TIE(引き分け)

のいずれかを予想し、チップを賭けるだけです。カードはディーラーが配ってくれますので、細かいルールを全て覚える必要はありません。

バカラのルール①:バカラのカードの数え方

バカラのカードの数え方は、簡単です。

A~9までのカードは、そのままの数字としてカウントし、10と絵札(J、Q、K)は全て0点として数えます。

カードの合計点数が10点を超えた場合は、1の桁の数字が合計点数になります。

【例】バカラのカードの数え方

カードの数え方はこのようになります。

カード 数え方
1_1 2 + 6 =で、合計点数は「8」になる。
2_1 2_2 2_3 Aは1としてカウント。1 + 4 + 2 = 7で、合計点数は「7」になる。
3_1 3_2 3_3 5 + 6 + 4 =15だが、10点を超えた場合は1の位の数字を取るので、合計点数は「5」になる。
ちなみに、合計点数が10点の場合は、1の位の数字を取って「0」になる。
4_1 4_2 4_3 10と絵札はゼロとしてカウント。したがって、0 + 0 + 3 = 3で合計点数は「3」になる。

バカラのルール②:勝敗の決まり方

バカラ

ディーラーによって配られたカードの合計点数が9に近い方が勝ちとなります。

そして、勝った方に賭けていれば、配当金が払い戻されます。上の画像だと、プレイヤーの合計点数が「6」、バンカーの合計点数が「7」なのでバンカーの勝ちになります。

バンカー勝利に賭けていたため、配当金が払い戻されています。

バカラのルール③:チップのかけ方

賭け金をベット
PLAYER(プレイヤー)、BANKER(バンカー)、TIE(引き分け)の好きな場所へチップを置きます。

ビッグorスモール、ペアなどのサイドベットへ賭けたい場合は、自分が予想する場所へチップを置きます。

チップの賭け方の選択肢

チップの賭け方は、主にプレイヤー、バンカーから選びます。

その他にも、引き分け、ビッグ、スモール、ペアなどがありますが、当たる確率と配当金の割合が釣り合っておらず、数回の勝負で大勝ちを狙う場合は別として、長期的に賭け続けると損失が大きくなります。

したがって、バカラで遊ぶ場合は、プレイヤーかバンカーの2択から選ぶことをおすすめします。

ベットの数字の見方

チップの賭け方

賭け項目の下に書かれている数字は、配当を意味します。上記画像を参考例に、賭け方と配当金について説明します。

賭け方 役の意味 配当
ビッグ プレイヤー・バンカーに配られるカードの合計が5枚以上になること。いずれかに3枚目のカードが配られると勝ちが確定します。 0.54:1(配当1.54倍)
スモール プレイヤー・バンカーに配られた最初の4枚で勝敗がつくこと。いずれかがナチュラル8・9だとそこで勝負が決まるので、スモールとなります。 1.5:1(配当2.5倍)
プレーヤーペア プレイヤーに配られた2枚のカードの数字が同じだった場合、プレーヤーペアとなります。 11:1(配当12倍)
パーフェクトペア プレイヤー、バンカーに配られたカードのいずれかが、同じスート&同じ数字だった場合。 25:1(配当26倍)
バンカーペア バンカーに配られた2枚のカードの数字が同じだった場合、バンカーペアとなります。 11:1(配当12倍)
どちらかのペア プレイヤー、バンカーに配れたカードのいずれかが、同じ数字だった場合。 5:1(配当6倍)

バカラのルール④:バカラの配当

通常のバカラの配当はこのようになっています。

ベット項目 配当
PLAYER(プレイヤー)の勝ち 2倍
BANKER(バンカー)の勝ち 1.95倍
TIE(引き分け) 9倍

この他に、バンカーが6以外の数字で勝った場合に手数料を取られないノーコミッションバカラ(6で勝った場合は50%の手数料を取られる)、独自のルールを設けたアレンジバカラなどがありますが、一般的には上記の配当が基本になっています。

バカラのルール⑤:カードの配られ方

チップを賭けるための制限時間が終了すると、ゲームが始まります。

まずディーラーが、プレイヤーとバンカーそれぞれに2枚ずつのカードを配り、その合計点数に応じて3枚目のカードが配られます。

3枚目が配られる条件については、特にバンカー側が細かく設定されています。

完璧に覚えなくてもゲームに支障はありませんが、条件を知ることによりバカラの面白さが増えますので、少しずつ覚えておくといいでしょう。

プレイヤー限定ルール

プレイヤーにカードが配られる条件はこのようになっています。

カード2枚の合計 アクション
8、9 ナチュラル(プレイヤー、バンカーともに3枚目のカードは引かず、勝敗が決定する。)
6、7 スタンド(3枚目のカードを引かない)
0~5 ヒット(バンカーが8、9以外の時は3枚目を引く)

バンカー限定ルール

バンカーにカードが配られる条件はこのようになっています。

カード2枚の合計 アクション
8、9 ナチュラル(プレイヤー、バンカーともに3枚目のカードは引かず、勝敗が決定する。)
7 スタンド(3枚目のカードを引かない)
6 プレイヤーの3枚目のカードが「0、1、3、8、9」以外だった場合、3枚目を引く
5 プレイヤーの3枚目のカードが「0、1、2、8、9」以外だった場合、3枚目を引く
4 プレイヤーの3枚目のカードが「0、1、8、9」以外だった場合、3枚目を引く
3 プレイヤーの3枚目のカードが「8」以外だった場合、3枚目を引く
0、1、2 プレイヤーの2枚の合計点数が「8、9」以外だった場合、3枚目を引く

プレイヤー、バンカーともに、「カードを引く、引かない」の選択権はありません。

合計点数によって、ヒットするかスタンドするかが決まっていますから、「このディーラーは強いor弱い。」ということはなく、誰が引いても同じです。

バカラの遊び方と流れ

それでは、バカラの遊び方やゲームの流れを実際の画像を使って説明します。

バカラの遊び方①:賭け金をベット

賭け金をベット

自分がプレイするテーブルを選んだら、ベットする項目を決めてチップを賭けます。

バカラの遊び方②:Deal(ディール)

ゲーム開始

チップを賭け終わると、「Deal」ボタンを押します。

バカラの遊び方③:勝敗が決まる

勝敗が決定

バカラのルールに従って、自動的にカードが配られ勝敗が決定します。

この場合は、プレイヤーがナチュラル8だったため、両者に3枚目のカードが配られず、勝敗が決定します。

プレイヤーが「8」、バンカーが「3」でプレイヤーの勝ちとなりました。予想が当たった場合は、配当金が払い戻されます。

実際にあなたがすることは、自分が予想した場所へチップを賭けることと、「Deal」ボタンを押してゲームを進行させるだけです。

バカラゲームの種類

バカラには、これまで説明してきた他にも、スピーディーなゲーム進行を目的としたり、ルールや配当などを一部変更したアレンジバカラというものがあります。

ここでは、代表的なゲームを7つ紹介します。

バカラゲームの種類①:ミニ(小)バカラ

ミニバカラは、スクィーズ(絞り)がないため、スムーズにゲームが進行します。モンテカルロ法やパーレー方などのシステムベットを使っている人や、サクサクとゲームを進めたい人におすすめです。

バカラゲームの種類②:ビッグ(大)バカラ

当該ゲームで、一番多くのチップを賭けたプレイヤーが、ディーラーの代わりに2枚目、3枚目のカードをオープンすることができます。誰がめくっても結果は変わりませんが、少しずつカードをめくっていくことで、場が盛り上がります。

バカラゲームの種類③:コミッションバカラ

バンカーの勝利を予想して当たった場合、コミッション(手数料)を差し引いた金額が払い戻されるタイプのバカラです。通常は、5%のコミッションが取られ、賭け金の1.95倍が払い戻されます。

バカラゲームの種類④:ノーコミッションバカラ

バンカー勝利に賭けて勝った場合のコミッションが取られず、賭け金の2倍が払い戻されるため、手数料なしバカラとも呼ばれています。ただし、バンカーが「6」で勝った場合は、50%の手数料が取られるため、全体の控除率はコミッションバカラと同じになります。

バカラゲームの種類⑤:7UPバカラ

7UPバカラ

7UPバカラは、プレイヤーの1枚目のカードが7に固定されているアレンジバカラです。
そのため、通常のバカラと配当が変わります。

中でも一番熱いのは、スーパー7という合計点数「7」が連続する役です。6回連続すると、なんと778倍もの配当が付きますので、まさに一攫千金という言葉がピッタリのゲームです。

オススメ
no image
7UPバカラとは?7UPバカラのルールと攻略法・必勝法を徹底解説!

ここでは、バカラをアレンジした「7UPバカラ」のルールや遊び方について説明します。 基本的なルールはバカラに似ていますが、一攫千金を狙える「スーパー7」という配当が人気のゲームです。 この記事で7UP ...

続きを見る

バカラゲームの種類⑥:スーパー98バカラ

スーパー98バカラ

チップを賭け終わり、ディーラーがカードを配り始めると同時に、12面体のサイコロが振られます。

そして、出目が「8」「9」だった場合は、スーパーハンドになり、配当が変わります。普通のバカラに飽きた人や息抜きで変わったバカラを試したい人におすすめです。

バカラゲームの種類⑦:スリーカードバカラ(三公バカラ)

ディーラーとあなたが1対1で勝負します。勝敗の決まり方は通常のバカラと同じですが、3枚目のカードを強制的に引くという点が違います。

あなたが勝てば2倍配当、引き分けだと20倍配当になります。

その他、20倍配当のスリーカードピクチャー(ディーラーに配られた3枚のカードが全て絵札)、8倍配当のポイント(ディーラーの合計点数を当てる)などのサイドベットもあります。

ディーラーの役割

バカラにおけるディーラーの役割は、ルールに従って用意されたカードを配ることです。

カードを引く、引かないの選択権はありませんので、強いディーラーor弱いディーラーというものは存在しません。

しかし、ライブカジノにおいては、カードの配り方やめくり方の良し悪しによって、快適にプレイできるテーブルとそうでないテーブルがあります。

カードの配り方がぎこちなかったり、逆に早すぎてよく見えないディーラーだとストレスがたまりますので、自分に合ったディ-ラーを選ぶのも大事なポイントです。

バカラの用語

バカラで遊んでいると、よく出てくる用語をまとめました。

バカラ用語①: ヒット(Hit)

3枚目のカードが配られること。バカラでは、最初に2枚のカードが配られ、その合計点数によって3枚目のカードが追加されるか否かが決まります。

バカラ用語②:スタンド、ステイ(Stand、Stay)

ヒットの逆で、3枚目のカードが配られないこと。

バカラ用語③:ピクチャー

絵札(J、Q、K)カードのこと。バカラでは、全て10として計算されます。

バカラ用語④:ナチュラル

最初に配られた2枚のカードの合計が8、9になること。バカラでは最も理想的な組み合わせで、点数によってそれぞれ「ナチュラル8」「ナチュラル9」といいます。

バカラ用語⑤:デッキ数(Deck)

デックともいいます。1デッキは、ジョーカーを除いた52枚で、バカラではそれを8セット用いて8デッキで行われることが多いです。

バカラ用語⑥:コミッション(ハウスエッジ)

カジノ側に取られる手数料のこと。通常のバカラでは、バンカーに賭けて勝利すると1.95倍が払い戻されますが、この5%がコミッションになります。

バカラ用語⑦:ロクハン

ノーコミッションバカラ(手数料なしバカラ)では、バンカーに賭けて勝利しても5%の手数料を取られない代わりに、バンカーが「6」で勝つと50%の手数料を取られます。このことを、ロクハンといいます。

バカラ用語⑧:アウトコミッション

ランドカジノで、チップを現金に交換するときに取られる手数料のこと。3~5%程度の手数料を取るところが多いようです。

バカラ用語⑨:インとアウト

インは入金額、アウトは出金額のこと。

バカラ用語⑩:ミニマムベットとマキシムベット

ミニマムベットはテーブルでの最低賭け金のこと。マキシムベットはその逆で、最高賭け金のこと。

バカラ用語⑪:ルック

チップを賭けずに、ゲームの流れを見ていること。ランドカジノでは、ルックが多いと注意されることがありますが、オンラインカジノでは大丈夫なので、ツラやテレコ、ニコイチなど罫線の状況を見ながらじっくりと賭けることが出来ます。

バカラ攻略法・必勝法に必要な知っておくべきバカラのルールと遊び方まとめ

ここまで、初めてバカラをプレイする人でも迷わず快適に遊べるよう、基本的なルールやゲームの流れ、用語などを解説してきました。

シンプルなゲーム性にも関わらず、カジノの王様に君臨するバカラ。

「興味はあるけど、ルールなどがよく分からなかった。」という人は、ぜひリアルカジノやオンラインカジノでバカラをプレイしてみてください!

Copyright© エンパイアカジノ攻略ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.