バカラ攻略に必要な確率から考えるバカラの基本戦略における勝ち方と賭け方

更新日:

バカラは基本的には、プレイヤーの勝ち、バンカーの勝ち、引き分けのどれかに賭けるシンプルなゲームです。
しかし、単純に3分の1で適当に賭ければ勝てるというわけではありません。
この記事では、賭け項目ごとの確率やハウスエッジ(控除率)、基本的な戦略などを通してバカラの勝ち方に迫っていきます。

プレイヤー、バンカー、タイ(引き分け)それぞれの確率は?

まず最初に、プレイヤー・バンカー・タイの確率を説明します。
詳しい計算式は省きますが、3つの確率は以下のようになっています。
プレイヤーが勝つ確率・・・約44.62%
バンカーが勝つ確率・・・約45.86%
タイ(引き分け)になる確率・・・約9.52%

プレイヤーかバンカーに賭けていてタイの場合は、賭け金は返金されますが、数字だけを比較すると、バンカーに賭けた方が勝ちやすいということが分かりますね。

しかし、単純にバンカーに賭ければいいのか?というと、そうではありません。
次に、バカラの配当を見てみましょう。

プレイヤー・・・2倍
バンカー・・・1.95倍
タイ・・・9倍

このように、バンカーが勝った場合は5%のコミッション(手数料)を取られるため、理論上の期待値はほぼ同じになっています。
また、引き分けについては、プレイヤー・バンカーに賭けた場合と比較すると、大きく期待値が下がるので「バカラで引き分けには賭けない。」ということを知っておいてください。

バカラのハウスエッジを理解する

上で出てきた「ハウスエッジ」について説明します。
ハウスエッジとは、カジノの胴元がプレイヤーから取っているテラ銭のことです。

例として、ハウスエッジが10%のギャンブルがあったとします。
そのゲームに合計で100万円が賭けられた場合、10%の10万円を引いた90万円が配当金として使われます。
このハウスエッジですが、日本の公営ギャンブルは約20~25%も取っており、宝くじにおいては、なんと50~60%が予め控除されています。
これらと比較して、バカラのハウスエッジはどれぐらいなのでしょうか?
次からは、バカラのハウスエッジを計算していきます。

ハウスエッジの計算方法

バカラのハウスエッジは、以下の計算式で求めることができます。

(賭け金 - 期待値)/ 賭け金

計算するに当たり、次の条件を設けました。
賭け金は、計算しやすいように100ドルに統一する。
カードのデッキ数は、カジノで最も多く採用されている8デッキ(ジョーカーを除く52枚x8の計416枚)として計算する。

■プレイヤーに賭けた場合のハウスエッジ
まず、プレイヤーに100ドル賭けたときの期待値を計算しましょう。
次の3パターンが考えられます。
プレイヤーの勝利 → 200ドルの払い戻し
バンカーの勝利 → 払い戻しなし
引き分け → 100ドルの払い戻し

以上から期待値を計算すると

100 x 0.4462(プレイヤーの勝率)+ 0 + 100 x 0.0952
= 98.76ドル

期待値は、98.76ドルになります。
これを、ハウスエッジの計算式に当てはめます。

(100 - 98.76)/ 100 = 0.124

プレイヤーに賭けたときのハウスエッジは、約1.24%ということになります。

同様に、バンカー・引き分けのハウスエッジも計算しました。
計算式は省いて、結果だけを書きます。
■バンカーのハウスエッジ・・・約1.05%
■タイのハウスエッジ・・・約14.3%

プレイヤー、バンカーのハウスエッジには大きな違いはありませんが、タイのハウスエッジが飛び抜けて高いのが分かりますね。
これが、「バカラでタイに賭けるな!」という格言の理由なのです。

確率から考えるバカラの基本戦略

バカラの確率やハウスエッジについては、理解出来たでしょうか?
ここでは、これまでの確率論から考えるバカラの基本戦略について解説します。

「ギャンブルの波」を理解する

バカラのプレイヤーとバンカーが勝つ確率というのは、微妙な差はあるものの、基本的には約2分の1です。
乱暴な言い方をすれば「どちらに賭けても、勝率はほとんど変わらない。」ということになります。
しかし、少ない試行回数においては、大きな連勝や連敗の波が度々訪れます。
こちらの罫線をご覧ください。

確率的には、ほぼ2分の1であるはずなのに、一方の勝ちへ大きく偏っています。
これが、「ギャンブルの波」というものです。
バカラでは、用意された8デッキ416枚のカードを順番に使用していくのですが、「絵札が集まっている」「低い数字が集まっている」などの偏りが生じると、このようにバンカーやプレイヤーの連勝が続くことが頻繁に起こります。
カジノでプレイする際には、「今はプレイヤーの勝率が高いから、素直に波に乗ろう。」「シューの半分を過ぎて、バンカーの勝ちが増えてきたからバンカー中心に賭けよう。」など、テーブルの状況を見て予想することが大事です。
経験を積むと、当てずっぽうで適当に賭けるより、勝率が高くなることを実感できると思います。

「大数の法則」を理解する

ギャンブルの波にも関連するのですが、ギャンブルで冷静さを保つためには、「大数の法則」を理解することも重要です。
大数の法則とは、確率論・統計学で使用される用語で、
「独立事象について、それを大量に試行すれば、理論上の数値に近づく定理」
のことを言います。
分かりやすく、サイコロを例にして説明します。
サイコロを振った時に、1の出る確率は6分の1です。
しかし、60回など少ない試行回数においては、1が20回(3分の1)と確率以上に出現することもあり得ます。
この場面だけを切り取ると、「このサイコロは、1が出やすくなっている。」と1に集中して賭けたくなるかもしれません。
しかし、サイコロにイカサマを仕込んでいない限りは、1の出る確率は6分の1です。
サイコロを、1万回、10万回と振り続ければ、最終的には、1の出る確率は限りなく6分の1に落ち着いていきます。
これをバカラに置き換えて考えてみましょう。
例えば、あなた座ったデーブルでバンカーに賭け続けて、大きく勝ち越したとします。
「バンカーの波が来てるから、このままバンカーに賭け続けてみよう。」と長時間ゲームを行うと、大数の法則にしたがって、徐々に勝率が落ちていく可能性があります。
したがって、バカラに限らずギャンブルにおいては、あまり長時間プレイせず、勝ち逃げするのが鉄則だということを覚えておきましょう。

まとめ~確率を考えながらバカラで遊ぼう~

今回は、確率や「ギャンブルにおける波」「大数の法則」という視点から、バカラの攻略法を考えてみました。
バカラに限らず、ギャンブルで勝つためには、ベットシステムを知るだけでは常勝できません。
数学的な観点から状況を判断できるようになれば、資金を大きく溶かしてしまうこともなくなるでしょう。
常に冷静な心を持って、バカラに挑んでください!

Copyright© エンパイアカジノ攻略ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.