バカラの絞り(スクィーズ)とは?絞りを知れば、バカラがもっと楽しめる!

更新日:

バカラは、「9に近い方が強い」というルールを知っていれば、自動的にゲームが進むので問題はありません。
しかし、「絞り(スクィーズ)」を知ると、バカラの楽しみ方が大きく広がります。
ここでは、「絞りって何?」という人のために、バカラの醍醐味を十二分に味わえる絞りについて、分かりやすく解説します。

バカラの絞り(スクィーズ)とは

スクイーズ
バカラの絞り(スクィーズ)とは、ディーラーによって裏向きで配られたカードを少しずつめくっていくことをいいます。
バカラでは、2枚目、3枚目のカードによって状況が大きく変わってくるため、絞りを行うことによってスリルとドキドキ感を味わうことができます。
例を挙げてみます。

1枚目
ダイヤの7

2枚目
バカラ-2か3
1枚目で、ダイヤの7が出ました。
そして、2枚目のカードが、2か3だったとします。
絞る場合、青丸で囲ったカードの両端部分を隠してめくるので、カードの半分付近がこないと、いずれの数字か分かりません。
カードの数字が2だったら、7+2=9で最強。3なら、7+3=0で最弱。
このドキドキ感が、スクィーズの醍醐味なのです。
また、バカラが「カジノの王様」といわれる理由でもあります。

誰が絞るのか

それでは誰がカードを絞るのかについて説明します。
オンラインカジノではディーラーが絞ることもありますが、ランドカジノでは、「そのゲームで一番高額のチップを賭けた人」に絞る権利があります。

しかし、権利を持った人が他のプレイヤーにそれを譲ることもできます。

カードの絞り方

カードの絞り方には、「縦絞り」と「横絞り」の2種類があります。
順番に説明していきます。

カードの絞り方

カードの絞り方には、「縦絞り」と「横絞り」の2種類があります。
順番に説明していきます。

縦絞り

縦絞り1
文字通りカードを縦にして、両端を指で隠し、少しずつめくっていく方法を縦絞りといいます。

横絞り

横絞り1
こちらは逆に、カードを横にして絞っていく方法のことをいいます。
縦絞りよりも足(マーク)が早く見えますが、真ん中辺りまでめくらないとはっきりした数字が分かりにくくなっています。

縦絞りのカード確認方法

縦絞りでカードを確認する場合は、この4パターンがあります。

エースは足がない

縦絞り-足がない
■可能性のある数字
A
カードをめくっても、なかなか足が見えなかった場合は、A(エース)で確定です。
他に類似のカードはありません。

絵柄(ピクチャー・コン)

縦絞り-絵柄
■可能性のある数字
J・Q・K
Aと同様に、絵柄(J・Q・K)も非常に見分けやすいです。
バカラでは、絵札は全て0ですから、仮に一枚目が8か9の場合は、勝利が濃厚となります。

マークがタテに1つ(1本足)

縦絞り-1本足
■可能性のある数字
2・3
マーク(足)が1つの場合、可能性のある数字は、2か3です。
サンプル画像では、一番上のマークが左に寄っていますが、実際のバカラでは真ん中に付いています。
1本足が熱いのは、一枚目のカードが6・7だった場合です。

7の場合は、9か0なので、天国と地獄が一瞬で入れ替わります。
6の場合は、8か9ですから、高確率で勝ち、または引き分けという激アツパターンになります。

4~10は足がある(2本足)

縦絞り-2本足
■可能性のある数字
4・5・6・7・8・9・10
2本足の場合は、考えられるカードが4~10までと非常に豊富なため、現段階ではまったく勝敗の予想が付きません。
多数のプレイヤーが参加しているテーブルでは、かなり盛り上がる場面です。

横絞りのカード確認方法

次に横絞りで確認する方法です。
以下の5パターンがあります。

ノーサイド(モーピン)

横絞りノーサイド
■可能性のある数字
A・2・3
カードを絞っても、マーク(足)が見えてこないとは、A、2、3のいずれかになります。
プレイヤーのカードが、6、7、8だった場合は激アツですし、9だった場合はかなり厳しいといえるでしょう。

ツーサイド(リャンピン)

横絞り-2本足
■可能性のある数字
4・5
マーク(足)が2本見えた場合は、4か5になります。

スリーサイド(サンピン)

横絞り-3本足
■可能性のある数字
6・7・8
マーク(足)が3本見えた場合は、6,7,8のいずれかです。
1枚目のカードが絵札、ローカードだった場合は期待の持てるパターンになります。

フォーサイド(セイピン)

横絞り-4本足
■可能性のある数字
9・10
マーク(足)が4本見えた場合は、9か10のいずれかです。
1枚目のカードが絵札だった場合、天国か地獄の分かれ目になります。

ピクチャー(コン)

縦絞り-絵柄
■可能性のある数字
J・Q・K
絵柄の場合は、J・Q・Kのいずれかですが、どれが出ても0です。

絞り(スクィーズ)のマナー

実際にカジノに行ってバカラの絞りを行う際には、マナーというものがあります。
正式に決められているわけではなく、暗黙の了解的な事項なのですが、周りのプレイヤーをイヤな気分にさせないよう紳士的に行動するようにしてください。
以下に、スクィーズにおけるマナーをまとめました。

大声で叫んだり掛け声はNG!

お酒が入ったり、グループで遊んでいると、カードを絞っている時に、「ピクチャー来い!」「○(数字)!」と大声で叫ぶ人がいます。
大金を賭けていると、「自分が願っているカードが出てほしい。」と大声を出したくなるのも無理はありませんが、テーブルで遊んでいるのはアナタだけではありません。
他のプレイヤーが気持ちよく遊べるよう、大きな声を出すのは控えましょう。

長すぎる絞りはNG!

絞りを行っているプレイヤーの中には、あまりにも時間をかけすぎてムダに長くカードを隠す人がいます。
しかし、必要以上に時間をかけすぎると、ゲームの進行スピードに支障をきたしてしまいます。
また、力が入りすぎて、カードを折り曲げてしまう人もいます。
初心者の人は、最初はベテランプレイヤーが絞っているのを見ながら、要領を覚えるといいでしょう。

状況に応じて絞りの権利を譲る

最初に説明したとおり、絞りの権利は、そのゲームで最高金額をベットしたプレイヤーに与えられます。
しかし、大きく勝っているプレイヤー、ツラに乗り続けて大勝ちしているプレイヤーが絞ると、テーブルは盛り上がります。
時には場の空気を読んで、他の人に絞る権利を譲ることも覚えておいてください。

バカラの醍醐味「絞り」をマスターしよう

ここまで、バカラの絞り(スクィーズ)について説明してきました。
絞りを行っても行わなくても、結果は変わりませんが、そこまでの課程で盛り上がることができるのが、バカラの醍醐味といえます。
実際にカジノで遊ぶ際は、ぜひバカラの絞りを楽しんでください。

Copyright© エンパイアカジノ攻略ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.